旅行が私に与えてくれたもの

旅行は人生を豊かにするものであると共に大きく自分自身を成長させるチャンスを秘めていると私は考えます。

世界には195カ国もの国々があります。国の数だけ歴史があり、多くの人が自国を誇りに思っています。
彼らの国を知り、歴史を知り、生活を見ることで教科書や本、テレビでは感じることの出来ない様々な思いを得ることが出来ます。

旅先で身を持って知った大切さ

東南アジア旅行の様子

私は一度友人と学生時代に東南アジアへ旅行に行ったことがあります。
本来その旅行には組み込まれていなかったマレーシアへ少し足を伸ばしてみようよ言う事になり、急遽ローカルバスで国境を越えをしました。
今にも壊れてしまいそうなバスの中ではマレー語や英語、中国語が飛び交い賑やかな雰囲気を感じることが出来ました。

マレーシアに着いてすぐにタクシーで要所巡りをしましたが、下調べをしていなかったので、どれもこれも同じに見え残念ながら心に響くものはありませんでした。

途中、友人がトイレの為にタクシーを降りたいと言い出し、近くのトイレへ。
その間私はタクシーの運転手とちょっとした歴史やそこでの生活、お祭りなどの話で盛り上がっていました。

しばらくすると、真っ青な顔をした友人が戻ってきたのです。
どうしたのかと聞くとどうやらトイレだと思って入った所が実はトイレでは無かったと言うのです。

詳しく聞いてみると、まず扉を開けるとたくさんの靴があったそうです。そしてその先は足洗い場。友人はよく分からないまま靴を脱ぎ、足を洗ったそうです。

そのまま奥に進むと小さめのカーペットが沢山積み上げられており、その近くにはカーペットの上で跪きお祈りを捧げている人達を何人か見たそうです。
トイレに入る前に祈りを捧げるのかとも思ったそうですが、様子が違ったので急いで出てきたと言うのです。

祈りをささげる人々

するとそれを聞いていたタクシーの運転手がそれは簡易礼拝堂だと教えてくれました。
そしてトイレはその隣だと言うことも。

何もない道の真ん中にポツンとあった建物を私達はトイレだと思い、友人は何も考えずに入ってしまったのです。
本などで宗教について少しは知っていたつもりでしたが、この失敗をしたおかげで彼らマレーシア人にとって宗教がどれくらい大切なものであるか、どのように外出先で祈るのかを身を持って知ることが出来ました。

旅は驚きの連続

アジアと言う枠でくくると日本と同じはずのマレーシアでとても驚く体験したと言うことは、ヨーロッパやアフリカではどうでしょうか。
恐らく驚きの連続でしょう。

どちらも魅力的ですが、長く魅力溢れる歴史を持っているヨーロッパに今は気持ちが向かっています。

楽しい旅の為の知識

旅行にいく際いつも私はその国や訪れる予定の観光地の歴史や言い伝えなどを簡単に調べてから現地へ飛び立ちます。
予備知識が多ければ多い程、感動も大きくなり心にも残ります。

また、名物料理も調べます。本場の料理を味わえる絶好のチャンスを逃すわけにはいきません。
これらを全て覚えるのは大変なので、必ずスマートフォンに画像やメモを残し旅行中は常に持ち歩いています。

写真やビデオも残せるスマートフォンは必需品であること間違いなしです。

一年を通してどの季節であろうと楽しめる旅行ではきっと普段の生活では体験出来ないこと、気付けなかったことにも出えるはずです。
そしてそれらはきっとこれからの人生に大きな意味をもたらしてくれると思うと旅行なしでは生きていけないと私は思うのです。

 

旅行大好きサイトマスターコメント

「旅行好き」さん、ありがとうございました。

旅行は自分の成長のチャンス。確かに、色々な出会いがあり、普段自分が見ている風景とは違ったものや人にふれあい、新しい気付きが沢山訪れますね。
単に「楽しむ」だけではなく、ちょっとそんなことを考えながらの旅もまた違った良さがありそうですね!